初心者せどりの営業日記 配送作業
初心者せどりの営業日記
初心者レベルを抜け出せない兼業せどらーが、細々とした活動を記録していきます。目指すは売上10万円!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
レターパックをご存知ですか?(商品の送付方法③)
クロネコメール便で送付できない厚さ(2cm以上)の本は、普通ゆうメールということになります。

290円から送付できるのですが、重い本(専門書)を送付する場合は340円(1kgまで)、390円(2kgまで)

と、重くなればなるほど金額がかかってしまい、薄利多売の当店では大きく利益を圧迫してしまいます。

特に高値で売れると期待して買った専門書など、1kgを超える本の発送の場合はAmazonの配送料を超えて

しまいます。

そこで、同じ郵便局の「レターパック350」を使うという手があります。
レターパック350、500


厚紙の封筒で商品もある程度保護でき、基本翌日配達、追跡もでき、金額は350円と、重い本の発送時には

大変重宝しています。

ただし厚さには注意です。結構厳密にチェック(定規がある!)され、以前に一度郵便局に預けてから呼び出しがかかり、突き返されたこともありました。

3cmを超える商品は「レターパック500」やゆうメールの利用もご検討ください。

それよりも、送料が気にならない位、高粗利の商品を仕入れる目利きが必要なのかもしれませんが。


よろしければクリックをお願いします。
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ:在宅、副業に最適 - ジャンル:ビジネス

商品の送付方法①
販売した(お買い上げいただいた)商品は、何らかの形で送付する必要があります。

通常はやはり価格が安いクロネコメール便を利用しています。

価格は
 ・~厚さ1㎝ 80円(A4サイズまで)160円(B4サイズまで)
 ・~厚さ2cm 160円(A4サイズまで)240円(B4サイズまで)

と一番安いのがありがたいです。

ただ、悪名高いあの黄色い定規(厚さ測定定規というようですが)のチェックを潜り抜けなければなりません。

チェックをパスできなかった場合は、郵便局の「ゆうメール」(旧冊子小包)の利用となるのですが、

これは重さ基準で、290円~ となってしまいます。

少なくとも一気に130円も送料が上がるわけです。

薄利多売のせどり業者の私にとっては死活問題です。

そこで、微妙な厚さの本を出荷する際は、まずヤマトの営業所に持ち込むことにしています。

クロネコメールの厚さチェックですが一番厳しい(よくわかっていない?)のがコンビニ(セブンイレブン)です。

定規でちゃんとと追っているのに、「スムーズに通らなかった」といって1㎝の本を2cm扱いにされたりします。

そのほか、メール便の存在を知らない店員さんもいて、あまりいい思いをしたことはありません。

ところがヤマトの営業所に行くと結構アバウトで、少し無理かなという厚みでも、時にはほとんどチェックなしに受け取ってくれます。

そして時々金額を把握していないスタッフの方がいて、すべて80円で受け取ってくれることもあります。

おそらく人によるのだろうとは思いますが、持ち込みで発送される場合はぜひ、ヤマトの営業所への持ち込みをおススメします。(責任は取りませんが)


よろしければクリックをお願いします。
人気ブログランキングへ

テーマ:在宅、副業に最適 - ジャンル:ビジネス

copyright © 2018 初心者せどりの営業日記 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。